今日のことば

8月11日

束になってかかる
束(たば)になってかかる 《慣》


大勢の人が一緒になって、一人に対抗したり一つの物事に対処したりする。

「あの人のような策略家には、君たちが束になってかかったところで勝てっこないと思う」
読書百遍義自ら見る
読書百遍(どくしょひゃっぺん)義(ぎ)自(おのずか)ら見(あらわ)る


[出典] 〈三国志(さんごくし)・魏志(ぎし)・王粛伝(おうしゅくでん)注〉

どんなむずかしい書も、何度も繰り返して読んでいれば、意味が自然にわかってくる。「読書百遍意自ら通ず」ともいう。

[原文] 「人(ひと)、従い学ぶ者有り。(董(とう))遇(ぐう)教うるを肯(がえん)ぜずして云(い)う、必ず当(まさ)に先(ま)ず読むこと百〓(ひゃっぺん)なるべし、と。言うこころは読書百〓にして義自(おのずか)ら見(あらわ)るればなり」





バックナンバー
9月21日
・台所を預かる
・下種は槌で使え
9月20日
・病は気から
・愛敬を振りまく
9月19日
・論より証拠
・出る幕ではない
9月18日
・濡れ手で粟
・墓穴を掘る
9月17日
・是非に及ばない
・合従連衡
9月16日
・曲がりなりにも
・ポイントを稼ぐ
9月15日
・蛇足
・心を配る