今日のことば

7月30日

気が抜ける
気(き)が抜(ぬ)ける 《慣》


(1)予定が狂うなどして、それまでの張り詰めていた気持ちが失われる。

「試合が雨で流れ、気が抜けてしまった」

(2)ビールやウイスキーなどに特有の、味や香りが失われる。

「気が抜けたビール」
西と言うたら東と悟れ
西(にし)と言(い)うたら東(ひがし)と悟(さと)れ


人のことばの裏にある意味を察する要があるということ。





バックナンバー
8月12日
・レールを敷く
・多かれ少なかれ
8月11日
・束になってかかる
・読書百遍義自ら見る
8月10日
・草を結ぶ
・地に落ちる
8月9日
・目をそらす
・咳唾珠を成す
8月8日
・捨てたものではない
・夢は逆夢
8月7日
・手の内を見せる
・蛇に蛙
8月6日
・底に底あり
・燃犀の明