今日のことば

7月5日

十指に余る
十指(じっし)に余(あま)る 《慣》


[注記] 十本の指では数え切れないほどあるの意から

何かに該当する物事を数え上げていくと、少なからざる数になる。

「人災ともいうべき災害が、この一年だけでも十指に余るほど発生している」
頤を解く
頤(おとがい)を解(と)く


[出典] 〈漢書(かんじょ)・匡衡伝(きょうこうでん)

「頤」は、あご。あごが外れること。大口をあけて笑う意。

[原文] 「匡(きょう)の詩を説くは、人の頤(おとがい)を解く〔匡衡(きょうこう)の『詩経(しきょう)』の講義は面白いので、人は大笑いしてあごをはずした〕」





バックナンバー
8月12日
・レールを敷く
・多かれ少なかれ
8月11日
・束になってかかる
・読書百遍義自ら見る
8月10日
・草を結ぶ
・地に落ちる
8月9日
・目をそらす
・咳唾珠を成す
8月8日
・捨てたものではない
・夢は逆夢
8月7日
・手の内を見せる
・蛇に蛙
8月6日
・底に底あり
・燃犀の明