今日のことば

2月13日

ベンチを暖める
ベンチを暖(あたた)める 《慣》


[注記] 「ベンチ」は野球場内の選手や監督の控え席の意

運動選手が補欠として控えの席に待機したままで、活躍する出番が与えられずにいる。

「僕などは野球の選手といっても、もっぱらベンチを暖めているだけだった」
捨てる神あれば拾う神あり
捨(す)てる神(かみ)あれば拾(ひろ)う神(かみ)あり


自分を見捨てる神があるかと思うと、その捨てられた自分を助ける神もある。人間の運命は神まかせであり、その神も複数で、運は必ずついてくるものである、という意。「捨てる神あれば助ける神あり」ともいう。

[類句] 渡る世間に鬼はない





バックナンバー
3月27日
・物色
・看板に偽りなし
3月26日
・坩堝と化す
・下種は槌で使え
3月25日
・底に底あり
・ぐるになる
3月24日
・爪を立てるところもない
・気が抜ける
3月23日
・足に任せる
・御機嫌を伺う
3月22日
・老馬の智
・どじを踏む
3月21日
・様は無い
・燃犀の明