今日のことば

2月12日

傍若無人
傍若無人(ぼうじゃくぶじん)


[出典] 〈史記(しき)・刺客伝(せっかくでん)・荊軻(けいか)

人まえをはばからずに、勝手気ままに振る舞うこと。「傍」は「旁」とも書く。「傍(かたわら)に人なきが若(ごと)し」と読み、そばに人がいても全く気にしないで、人がいないように、勝手放題に振る舞うこと。

[原文] 「高漸離(こうぜんり)、筑(ちく)を撃ち、荊軻(けいか)、和(わ)して市中に歌い、相楽(あいたの)しむなり。已(すで)にして相泣(あいな)き、旁(かたわら)に人(ひと)無き者の若(ごと)し〔高漸離(こうぜんり)が筑(琴に似た楽器)をかきならし、荊軻(けいか)がこれに合わせて町中を歌い歩き、皆で楽しんだ。やがて皆でわっと泣き出し、まるでそばに人などいないような振る舞いであった〕」
骨折り損のくたびれ儲け
骨折(ほねお)り損(ぞん)のくたびれ儲(もう)け


無駄に骨を折るだけで、全く効果がない。何の益もなく、くたびれただけで終わるということ。いろはがるた(江戸)の一。





バックナンバー
3月27日
・物色
・看板に偽りなし
3月26日
・坩堝と化す
・下種は槌で使え
3月25日
・底に底あり
・ぐるになる
3月24日
・爪を立てるところもない
・気が抜ける
3月23日
・足に任せる
・御機嫌を伺う
3月22日
・老馬の智
・どじを踏む
3月21日
・様は無い
・燃犀の明